弥彦村(やひこむら)

市町村紹介
スポンサーリンク
弥彦村(やひこむら)と言えば?
  • 彌彦神社
  • 弥彦山
  • 弥彦温泉

村基本データ

村名新潟県
西蒲原郡(にしかんばらぐん)
弥彦村(やひこむら)
人口約8,600人
面積25.17㎢
人口密度341.7人/㎢ 
村の由来
村の木椎の木
村の花
平成22年時点
弥彦村
弥彦村

村の特徴

新潟市、燕(つばめ)市、長岡(ながおか)市に隣接し、新潟県のほぼ中央部の日本海側に位置しています。西側には霊峰弥彦山が鎮座しており、古くから塩づくりや漁法、農耕技術が伝えられてきました。弥彦村は越後文化発祥の地とも言われており、独自の文化や歴史的な発展を遂げ、観光地として多くの観光客が訪れています。

村の歴史

明治34年、弥彦村・桜井郷村・矢作村の3村が合併し、弥彦村となりました。昭和31年、弥彦神社の二年参りで雑踏事故が起こり、124名死亡、重軽傷者190名を出す大惨事となりました。

弥彦村(やひこむら)への行き方

JR燕三条駅から吉田駅乗り換えで約1時間
北陸自動車道 三条燕インターチェンジから約30分

主な鉄道

JR東日本 弥彦線 弥彦駅 矢作駅

主なバス

弥彦・燕広域循環バス「やひこ号」

主な主要道路

新潟県道561号弥彦岩室線(弥彦山スカイライン)

出身の有名人

  • 片山 北海(かたやま ほっかい)(江戸時代儒学者、漢詩人)
  • 諸橋 姫向(もろはし ひなた)(NGT48メンバー)

村の名産品・特産品・名物など

コシヒカリ「伊彌彦米」や枝豆「弥彦むすめ」など。
特産品・名産品がオンラインでも購入できます。(ふるさと納税 弥彦村(やひこむら)

弥彦村(やひこむら)観光スポット

彌彦神社

「おやひこさま」の愛称で親しまれている彌彦神社は「万葉集」にも歌われており、創建から2,400年以上の歴史があると言われています。弥彦山を神体山として祀り、祭神は日本神話に登場する神である天香山命(あめのかぐやまのみこと)で、越後国開拓の祖神として信仰されました。宝物殿には、重要文化財である全長220.4㎝の大太刀など貴重な文化財が収められています。

越後一宮 彌彦神社
越後一宮 彌彦神社の公式サイトです。新潟県の弥彦山を神体山とし、各種おはらい・御祈祷・ご参拝、さまざまな祭典などを行っています。

弥彦山

標高は634mで東京スカイツリーと同じ高さ。弥彦山ロープウェイや弥彦山スカイラインでドライブしたり、表参道の登山口から山頂まで1時間30分ほどで初心者でも登ることができます。

弥彦温泉

彌彦神社の門前に湧く弥彦温泉は古くから栄えてきました。

観光ホテル

村内には観光ホテルがたくさんあります。



他にも探す

タイトルとURLをコピーしました