エジソンの白熱電球で実用化に成功したフィラメントはどこの竹?

難しい
スポンサーリンク

エジソンの白熱電球で実用化に成功したフィラメントはどこの竹でしょう?

  1. 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)
  2. 伊勢神宮(三重県伊勢市)
  3. 石清水八幡宮(京都八幡市)
  4. 宇佐神宮(大分県宇佐市)

正解は…?







3.石清水八幡宮(京都八幡市)でした!

むらお
むらお

難しすぎない?

まちこ
まちこ

エジソンの白熱電球では、なかなかフィラメントの素材が決まらなくて、結局が使われるようになったのは有名な話だね!

エジソンは白熱電球を実用化するために、フィラメントの素材を決めることに苦労していました。すぐに燃えてなくなってしまい、長く持たなかったのです。ある時、中国産の竹を使うと、200時間光り続けることができました。そこで世界中の竹をあつめて、ベストだと思ったのが石清水八幡宮の境内に生えていた竹でした。なんと1200時間も光り続けることができたのです。

石清水八幡宮には境内の中にエジソンの記念碑もあるので、ぜひお参りの際に寄ってみてくださいね。

エジソンと石清水八幡宮の不思議な縁についてはこちらを参考にしました。

はちまんさんとエジソン | 石清水八幡宮にまつわる話 --- 石清水八幡宮
厄除開運、必勝祈願。京都府八幡市、日本三...
エジソンと日本の意外な関係 | でんき案内板
タイトルとURLをコピーしました